店長バイク WILIER ZERO-7

店長バイクとして、最近1台増車いたしました!!(笑)
e0138781_12261763.jpg

e0138781_12261877.jpg

e0138781_12263894.jpg

WILIER NEW ZERO-7


e0138781_12221430.jpg

e0138781_12221437.jpg

駆動系は、6870 アルテDi2
クランク・ブレーキは、9000系 デュラ
ホイールは、MAVIC R-SYS SLR
その他、比較的軽量パーツをいれて、、、

e0138781_12283417.jpg

「6.665kg」


上り系オールラウンダーとしてのNEWフレーム ZERO-7。
約半月ほど乗ってみたのですが、
印象は、乗りやすいレースバイク。

「乗りやすい」とは漠然とした表現になりますが、
とにかく疲れにくいんです。

おおよそのレーシング系フレームは、やはり硬いものが多く、
反応こそ良いものの、後半踏みきれないモデルが多いのですが、コイツは違う。

練習に行っても、いつものバイクより、なんだか脚が残ってるんですよね。
先日も100km 1200mほど上昇したのですが、ほぼノンストップで走り切ることができました。
特に後半の上りは、自分の意識より前へ前へ進んでる感じでした。

近頃、グランフォンド系バイクも、快適さだけが売りではなく、しっかり走るようになってきましたが、
フレームジオメトリーは、どうしてもアップライトにならざるをえません。

このNEW ZERO-7は、レース系バイクと、グランフォンド系バイクの、ちょうど中間的な位置づけといったとこでしょうか。
なかなかこのポジションのバイクも、まだまだ少ないですよね。

特にハイエンドバイクが充実してるWILIERならではでしょうか。

あと軽量バイクではございますが、下りも不安なくライントレース出来る!
全域で、しっとりした乗り心地。
もちろんレースバイクなので、反応性も十分!



どうせならネガティブな部分もちょっと書いときます(苦笑)

42km/hぐらいの巡航から、もう1発ガツンとかけるようなシュチュエーションは、
BBまわりがちょっとボヤけた感じ。

ダンシング時のバイクの重心の位置がつかみ辛い。




さて、明日はこのバイクで、実業団 経済産業大臣旗(広島)走ってきます。
もちろんバイクは文句なし。

このところの気温の変化で、ちょっと風邪っぽいのが気になりますが、
頑張ってきます(^-^)