cannondale CAAD10 入荷

ついにcannondale CAAD10入荷いたしました。


今回入荷したのは、105仕様の、CAAD10 5
BLKが、50,52,54サイズ
REDが 52サイズ
e0138781_115151.jpg

e0138781_1152284.jpg

e0138781_11544513.jpg

トップチューブからシートチューブへ、流れるデザイン

e0138781_1155365.jpg

1-1/4のテーパーコラム。
この手の大径化したヘッドは、ごつくなりがちですが、シンプルにまとまっております。
もちろん、溶接痕もきれいに仕上がってます。

e0138781_11552029.jpg

しなやかな乗り心地のオフセットドロップアウト

e0138781_11555374.jpg

シートチューブは、BB付近で扁平され、剛性を確保

e0138781_11562099.jpg

少し解りづらいですが、チェーン側のチェーンステイは、、太く横につぶされています

e0138781_11563687.jpg

横方向には、極めて高い剛性を保持する、SAVE




ロードバイクをお選びになる基準というものは、いろいろあるかと思われます。
価格、デザイン、ブランド、スペック....

見た目の部分は好みがあるとしまして、
まず走りに関してですが、
「フレーム」という部分は自転車の骨格で、自転車の動きそのものを大きく左右いたします。
私の体感ですが、自転車の動きの70~80%を占めているのではないでしょうか。

そういった意味で、このCAAD10は、並みいるライバルメーカーのアルミフレームに対して、圧倒的なアドバンテージを持っていますし、カーボンにだって負けないくらい、良いフレームです。

単純なスペックですが、
56サイズで、フレーム重量 1130g(CAAD9より200gほど軽量)
フロントフォークが 390g

こちらの105仕様の完成車で、8.3kg


ちょっとロードに詳しい方だと、
「おぉぉぉ~」
と、言いたくなるぐらいの重量ですね。

そして、cannondaleは、こちらのフレームに自信満々ですから、
DURA-ACEをつけたモデルも販売しております。

中堅グレードのアルミフレームに、DURAつけたバイクなんて、そうそうあるもんじゃないですからねー。


そういった意味でも、初心者から上級者まで、納得のバイクなのです。
他のブランドのアルミバイクより、ちょっと高いかもしれません。

でも、長く乗ることを考えると、きっと最良の選択になると思います。



当店で自信を持って、オススメできるバイクです。


もうすぐしましたら、試乗車のほうも到着するかと思いますので、
「やっぱり乗ってみなきゃ分らんでしょー」
という方は、ぜひぜひ試乗もお待ちしております。



あっ、
最後に気になるお値段は、
cannondale CAAD10 5   199,000円(税込)
となります。

よろしくお願いいたします。
by bbex28587 | 2010-10-16 13:01 | NEWモデル