MAVIC R-Sys SLR装着しました!

マイバイクのロードホイールを、MAVIC R-Sys SLR(EXALITH)に交換しました。
e0138781_182378.jpg

昨シーズン乗っていた、
キシリウムSR(F:キシリウム R:R-Sys)の乗り味が良く、気に入っていたのと、
登坂力アップ、
それに高い性能を誇るエグザリット2を試したいため。

まずは重量。
e0138781_18235811.jpg

9000系 C35クリンチャー装着時6.735kgに対し
275g軽くなり、6.46kg。

カタログ値で1295gとはいえ、クリンチャーでこの重量は反則か!?(笑)


リムはこんな感じ。
e0138781_18301646.jpg

サメ肌ちっくなカッティングがされており、ブレーキよく効きそう。
付属の専用ブレーキシューを、トーインにセットして、いつもの山坂道へ。。。

e0138781_18124939.jpg

e0138781_18124935.jpg


まず一番に感じたのは、
漕ぎの軽さ。
笠井山を越える際、ここ最近はわりと麓でインナーに下していたのですが、かなり上までアウターで行ける!
これは、SRの時と同じ感覚。

あと、通常の軽量ホイールは、「カンカン」もしくは、「コロコロ」と、滑らかに転がっていくのに対し、
R-Sysの軽さは重量的なものに加え、トラコンプの恩恵も受けているようで、
一瞬の「踏ん張り」から「クイっ」と前に進んでいく。

ペダリングの入力が、推進力に変換されているようで、上っていて気持ちよい。

脚に対する負担が少ないのか、頂上付近でいつもヘロヘロになるところが、
最後はダンシングでフィニィッシュ出来てしまう。
思わずピースしたくなる(笑)


いやぁ~ほんと、上りが楽しくなる♪


さて、ブレーキ。
効きはたしかに良い。
9000系DURA × イグザリットはもう最強ですね。
ただ、7900DURAから9000DURAのブレーキに交換した時のような、ブレーキ制動力の恩恵は受けてないかなー。
費用対効果でいえば、
ノーマルアルミリムにしておいて、ブレーキだけ9000DURA使うのもいいかも。

それでもまあ、真っ黒なイグザリットリムは、カッコイイんですけどね~♪



さて、R-Sysが苦手?とされるのは空気抵抗。
下り50kmぐらい過ぎると、やっぱり加速のキレはないかな。
あと、平地巡航の36km~ぐらいからは、踏んで伸びーるような感は少ない。
重いギアでグイングイン走行よりは、常に回転を意識するようなギアポジションになるかな。




総じて。
上り・平地・下り、総合的に走っても、やっぱり脚に対する疲労感は少ないホイール。
そういう意味でも、十分レースでも使えるホイールでしょう。
特に登坂性は、クリンチャーホイールでもうトップクラス!!
気を使うカーボンチューブラーよりは、普段からオールマイティーに使えいいかも。


あと、一番恩恵を受けるのは、
レースを主軸としていない、一般サイクリスト。

やっぱり坂を自分のイメージより楽に上れると、爽快感もかなりアップ。
あと、疲労感がすくなくなると、長距離も楽にこなせるし、
家までたどり着いた時、ぐったりしなくて済む(笑)

もちろん下り坂は、一番落車が多いポイントなので、そこでブレーキ制動力がアップするのもうれしい。



いや、ほんとオススメホイールです(^O^)